春の花ラナンキュラス

ラナンキュラス

ラナンキュラスの花言葉は「晴れやかな魅力」

さまざまな色と形の品種改良で幾重にも重なる花弁をもち
大輪の品種が今が旬とばかりに入荷しています。

丸くコロンとした顔立ちは明るく優しい魅力を放っています。

ラナンキュラス

グリーンのラナンキュラス「ポムロール」単品だとごつい感じ!
どんな色のお花も引き立たせてくれて小花と合わせるとかわいく見えてきます。
いいお仕事してくれます!

秋に始める多肉植物

 

エケベリア
まさにこれから育つ多肉植物のエケベリア。
春と秋に育つ「春秋型」です。
エケベリアの魅力はひとつひとつ個性のある色・形・質感。葉が重なってロゼット状に広がりバラやボタンの花のように美しく、ぷっくりと肉厚なところが愛嬌があってかわいいです。
秋には気温が下がると紅葉する変化も楽しめます。

エケベリア寄せ植え

育て方は日当たりのよい場所に置き、生育期の春と秋は土が乾いたら鉢底から流れるくらいたっぷり水を与え、休眠期の夏と冬は水やりを控えます。
肥料は生育期に追肥を与え、休眠期の冬は与えません。

お手入れが簡単でどんな器にも合うのでお好みのインテリアを楽しんでみてはいかがですか。

個展のお祝いにドライフラワーアレンジ♪

ドライフラワーアレンジ

「お友達の個展のお祝いに持っていくお花は何がいいかしら?」とお客様から電話でのお問い合わせ。
個展は一週間の開催でその間できるだけお花を持たせたいとのご希望です。
しかもとても暑い時期です・・・。

飾るスペースやお花の管理のことを考えてドライフラワーアレンジメントをお勧めしました。個展が終わってもお家で飾ってもらえるとお客様に喜んでいただけました。

ドライになったアジサイ・バラ・かすみ草・ユーカリ・ケイトウなどでピンク赤系でアレンジしました。お友達のお家になじんでインテリアとしていく様が楽しみです。

アジサイ・バラのドライアレンジ

自然のありのままの美しさは生花からドライになっても色や質感など
お花の持つ魅力は計り知れません。
時の経過とともに変わりゆく姿はお花の造形美です。

おすすめの花


この時期出回るラナンキュラス。大好きなお花のひとつです。
色はレッド・パープル系からピンク系・アプリコット系・オレンジ系・イエロー系・ホワイト系・グリーン系と豊富で、薄い花弁が美しく重なりころんと丸く優しげに咲きます。
このラナンキュラスはピンク系の中輪で最近では10cm以上の大輪も人気でバラやシャクヤクと  同じくらい華やかさがあります。同じような丸いお花と合わせるとかわいらしくまとまります。

ラナンキュラスフリンジ

こちらのラナンキュラスはグリーン系のピオニー咲きで水上がりもよくフリル状の花弁が特徴です。 大人シックな落ち着いた雰囲気にまとめると素敵です。

ミモザ

ミモザ
3月8日は「ミモザの日」

イタリアでは男性が日ごろの感謝の気持ちを込めて女性にミモザの花束を贈る記念日。贈る相手は恋人やお母様や奥様。友人など身近な女性に贈ります。この日の女性は家事や育児から解放され友人との食事やおしゃべりなど楽しい時間を過ごすそうです。ミモザの黄色は春の訪れを感じる幸せの象徴。
毬状の花が無数に咲くと枝全体がフワフワモコモコの黄色に染まります。